お知らせ

骨格矯正で、長年の舌の痛みが、舌圧痕が・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

舌圧痕・・・!

以前、知り合いからそんな事を聞かされた事がありました。

舌の横の部分が波打ってがさがさなのよね~

舌のがさがさの原因は、頬粘膜や舌の緊張、圧迫によって粘膜部に歯が強く接する、それによって生じるもののようです。

わかり易く言うと、舌が歯にあたっている時間が多くて、舌に歯の型がついてしまうんですね。

自分の舌を見たこともなかったたので、こういう舌の悩みのあるんだと、再度かんがえさせられました。

 

では、なぜ舌の緊張や歯が強く接してしまうのでしょう?舌に、歯が長くついてしまうのは、なぜ?

なぜなぜ・・・の好きな私のなぜ?の始まりです。

知り合いの歯医者さんに伺った処、この症状がよく見られる方には、ぐっと歯をかみ締める食いしばりや、歯をカチカチならしてしまう癖の方、歯ぎしりがひどい

等の生活習慣をお持ちの方が多いようです。

うん?

どこかで聞いた症状ですね

さとう式リンパケアの耳たぶまわし、口腔を緩める!

つまりは、ストレスや日々の生活習慣、歯の食いしばり等によって、咀嚼筋が緊張し硬くなって、口腔がつぶれた状態なんですね!

ここで、なぜ舌圧痕の話?

 

先日、お顔の骨格矯正を受けて頂いたYさん

とってもスタイルが良い方で、お顔の骨格矯正に興味があるからとお越し頂きました。

骨格矯正を終えた後、彼女の一声が

「舌が動く!私の長年の悩みが解消したわ~」

私は、何のことか分からず

実は、彼女は舌圧痕をお持ちだったのです。

毎日、舌を何処にもっていこうか、悩む程だったのだそう

勿論、骨格矯正でのお顔の変化に、とっても驚かれてはいましたが

何よりも、毎日悩んでいたお口、舌の悩みは相当のものだったらしく

お顔を鏡で見られて、え~顔か小さくなって、えらがない~

の次に、お口の状態を感じられたのでしょう

まさに、さとう式リンパケアが健康美容法といわれる所以ですね

 

 

感想を頂きました

沢山、書きたい事はあったけれど本当にこれにつきる・・・と!

わたしこそ、とっても良いものを頂きました。

舌圧痕にお悩みの方は、是非口腔が広がり舌の動く感覚を取り戻すのを体感した頂きたいと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA