大人の手足口病、3つの新技!

手足口病に、かかった私が、先ず取り入れたのが、『竹布』‼️

それによって、随分と状態の変化が起きたことは、先日お伝えしました。

今回は、私の助けになった後の2つ!

一つは、ポイントテーピング!

でした。

それに利用したのが、ポイントテーピングマスター講座で学んだ、経絡のテーピング‼️

経絡という言葉を、聞かれた方もたくさんいらっしゃると思います。

経絡とは

人体の中の気血栄衛などといった生きるために必要なもの、現代で言う代謝物質)の通り道として考え出されたものである。経は経脈を、絡は絡脈を表し、経脈は縦の脈、絡脈は横の脈の意。(ウィキペディアより引用)

からだの中の流れを助ける為に、私が取り入れたのが、ポイントテーピングマスターで学んだ、経絡の流れを整えるポイントに貼るテーピングでした。

この筒状ガーゼの中に、テーピングをしています。

というのは、熱が下がった後も、体はだるく、疲労感、全く何もやる気が起きない状態でした。

勿論、病気ですので、だるいのは当たり前ですが、体の中に芯が通ってないような倦怠感。

何も考えられない状態を、何とか抜け出したくて。

それを助けてくれたのが、この経絡に関するテーピングでした。

先日雑誌『安心』に、私がポイントテーピングを使った体験談を掲載して頂きましたが、勿論それにもこの経絡テーピングは、使用しました。

体に必要な流れの道筋を手伝ってくれて、これで随分と楽になり、少し意欲が出てきて、食欲も出てきました。

テープだけで、こんなに気持ちが変わるのは、びっくりしましたが、本当に状態の悪い時でないと、こんなに体感出来なかったんではないかと思いました。

またまた、これを体感する為に、この病気になった😆⁈

そして、患部近くには、ベクトルテーピング。

さいきん、さとう式リンパケアで、注目されています。

うっすらと、テープが見えますね。

こんな感じで、バッテンテープを貼ります。

結構、このテーピングでも、腫れが引いてきました。

最後の一つは、『万松酢』でした。

竹と松を使って作られてるようです。

『竹炭 かぐや』の代表、炭焼き職人の平田さんが作られています。

もう、26年のベテラン炭焼き職人さん。

手足口病は、手と足、口の中、私は喉の部分に出ていました。

その時に、平田さんに相談して勧めて頂いたのが『万松酢』でした。

これをコップにほんの2〜3滴入れて、うがいをしたり、飲んだり。

喉のつかえが楽になりました。

なによりも良かったのが、入浴の際に、お風呂にキャップ2杯入れただけで、まるで温泉に入ったような体感があった事でした

本当に気持ちが良くて、完治した今でも使い続けています。

肌のしっとり感は、凄い。

そして、体が楽〜に、なりますね。

さて、私が手足口病になって、飲みぐずりもなし、塗り薬も貰えない状態で完治まで漕ぎ着けたのには、本当にこの3つの神器というのは、恐れ多いので、新技としておきましょう。

本当に、この助けがあってこそでした。

同じようなお悩みの方も沢山おられると思います。

是非、活用してくださいね。

いつでも、お気軽にお問い合わせ頂くと、私の体験談と共にお伝えします。

先日来られたお客様の息子さんが、もっとひどかったよ‼️と言われたのに驚きました😣

もっと、ひどいの⁈

早くから対処できた3つの新技のお陰でしょう。

関連記事

  1. 情熱大陸でダチョウ抗体スプレーの塚本教授が放送されました。

  2. 雑誌*安心11月号*に、記事が掲載されました❣…

  3. 簡単だけど、効果抜群!膝ケア

  4. 佐賀スリール体操

  5. ダチョウ抗体V BLOCK SPRAY入荷しました!!

  6. 痩せたい部分を痩せさせる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA